nerumae

ほぼねるまえに更新してます 読んだ本/聴いた音楽/マラソンみたいに続けていきたいふつうの日記

日記

サ店日記

近況 小雨。 新年度の慌ただしさの渦にゴウンゴウン心身を廻されながら、あっという間に5月だ。 ちょうど珈琲豆が切れていたので、日用品の買い物のついでに馴染みの喫茶店に寄った。何ヶ月ぶりだろう。 客はいなかった。その店は東京帰りの若夫婦が2人で経…

近況:大人になれば

先日ひとつ年をとった。人は「誕生日くるのって憂鬱じゃない?だってまたひとつ歳をとるのよ?」というけれど、自分にはそういう感覚はなくて、むしろ少しうれしい。 「あれ…こんな歳になったのにまだ大人になってないぞ…?」という焦りはあるけれども。 子…

近況:どうかいってしまわないでよ

C'est 盆。 盆なので遠くの母方の祖母のところへひさしぶりに挨拶にいった。 祖母は若かりし頃からスクーターで市民市場に鯛の尾頭付を買いに行くような人で、83歳で免許とキーを周りに取られるまでぶっぱなしていたその気概は戦争を生き抜いたその世代相応…

死ぬ前に食べるなら江戸川橋「酢飯屋」の寿司がいい

東京は文京区、江戸川橋にある「酢飯屋」さんへ行ってきた。 寿司を食べて感動したのは初めて。 酢飯屋教をひとりでも増やすべく今日は店主さんに撮影・掲載許可をいただいて書きます。 www.sumeshiya.com 先付 スズキの握り(土佐) 握りとともにドカン!と…

東京旅行雑感(と写真)

8月4日から数日間東京に遊びに行ってきた。写真と雑感をざくっとログ。 ■人に会いたい もともとが出不精なので遠出しても観光地やアミューズメントパークにあまり興味がない。行って寺とか。 東京に行くなら、東京でしか会えない人と会って話を聞いてみたり…

夏フェスでモッシュしてダイブしてまた来世 #ONRF2016

若者もすなる夏フェスなるものに我も参加してみんとしてすなり、というわけで佐渡で金さらいしてきたその帰路に人生初のロックフェスに参戦してきました。 その名は男鹿ナマハゲロック・フェスティバル Vol.7。www.onrf.jp出演者一覧はこちら。 これら出演者…

近況:胸毛は剃っとけ

近況 救命講習を受けた 来月からちょいと佐渡のほうに金をさらいに行く予定で、そのための救命講習を受けてきた。 心臓マッサージを1分間に100〜120回の速さで30回、ついで10秒間内に人工呼吸を2回、これで1セット。 これを救急隊員が駆けつけるまで繰りかえ…

オートクライン

備忘録日記研修を受けている。オートクライン、autocrine、自己分泌。コーチングにおいては「自分で発した言葉が自分自身に作用すること」を指す。たとえば、野球の指導者が選手に「おまえはスイングがあまいからもっと素振りをしろ」と直接練習の改善点を伝…

近況:もっと狂えるはずだ

近況 ■ノーカラーシャツ今春から流行りの(ひとつの)ノーカラーシャツが好きすぎてつらい。 気づいたらほぼ同じような型でほんのちょっとずつデザインの違うものを6,7着買っていた。 記憶がない。 自分は飽きないので毎日着ていてもこれっぽっちも構わない…

情けない話が好き

人の情けない物語が好きだ。 田山花袋の「蒲団」とか、山田詠美の「ME.&MRS JONES」とか、瀬戸内晴美の「けものの匂い」とか、吉行淳之介の「ある手品師」の話とか。 映画でいえば「キャバレー」でサリーに「ぼくもだ」と告げるブライアンの表情とか、ほん…

【短歌俳句日記】午睡の神様

なに者も午睡の神を宿らせて春の電車は泥田をゆく

山田孝之のどうかしちゃってる感がイイ「東京都北区赤羽」

山田孝之主演の低予算深夜ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ第三弾制作が決定。ウエーイ。 深夜ドラマらしく何も考えたくないときにダラダラ観られるゆるいテンション。 www.cinemacafe.net勇者ヨシヒコシリーズの「真面目さが一周まわって狂気」な山田孝之を…

【習作】Birthroid Eva-F003

withnews.jp こちらのアート作品に感化されて書いてみた。約2600字。レッツラムーピーゲーム。ーーーーーーーーーーー Birthroid Eva-F003 photo by damselfly58 「おかえりなさいシイナ、今日は早かったのね」 リビングからかけよってきたエヴァをみて、エ…

【文章スケッチ日記】スワンボート

あなたは売店で乗船券二枚を買って、一枚をわたしに渡す。 「あれに乗ろう」とあなたが指差した先には、白鳥の形をしたボートが数隻停まっている。 白鳥の頭はところどころペンキが剥がれ落ち、下のプラスティック材がくすんだ灰色をのぞかせている。 桜の花…

岩手あさ開と焼きプリン大福とふきのとうの天ぷら

去年の3月から2ヶ月ほど、泊まりこみで作業に来ていた学生の子たちが一年ぶりに遊びにきてくれまして、 持ってきてくれたお土産が美味しかったのでログ。 nerumae.hateblo.jp おみやげ 岩手あさ開 南部流伝承造り 大吟醸 あさ開 ::: お酒あさびらき、と読…

近況:哲学的ゾンビ、笑顔で間接的にぶん殴られるお仕事

近況 ・哲学的ゾンビ問題哲学的ゾンビとは私が実在すると信じたい思考が生み出す幻想なのである - ごくまトリックス[考え方][おきにいり]ああ面白い/後天の私Aは俯瞰しているようでいて私Bから自由になることはできない(!)2015/10/02 06:55哲学的ゾンビの…

題詠短歌は語彙力の拡張プレイです

題詠短歌をなんのために、どうやって詠んでいるか、じっさいの卯野の詠みかたの例をまじえて話をします。

「かんたん短歌の作り方」から好きな短歌を48首

ぎ/なぎさらささんのエントリから手にとった枡野浩一「かんたん短歌の作り方」(ちくま文庫)。 方法論についてはねぎさんが要点を抜書きされているので、私は個人的に好きな歌をここに引用しておきます。

Name your sorrow

雨。一日家にいてもう何者にもなりたくない。 きのう短歌の目で「喜怒哀楽とはにんげんの感情を説明伝達の便宜上おおざっぱに分類したもの」と自分で書いて、あっとなった。自分のなかにもにょもにょとあったものをいびつながらもかたちにして出力できるのは…

機会詠と三陸の話

永田和宏「作歌のヒント」機会詠の項と欄陸来訪の記憶から、「他者の視点をはなれ自分の目でものを見ること」について書きます。

近況:知人が生きてた

近況 ・転職活動をはじめた 実をいうとこの産業はもうだめです。突然こんなこと言ってごめんね。 ・読んでる;NHK短歌「作歌のヒント」NHK短歌 作歌のヒント作者: 永田和宏出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2007/12メディア: 単行本購入: 1人 クリ…

近況:猫がいる

さいきん家のちかくを猫が歩いている。 猫は白と黒のぶち模様で、体躯の大きさ手足のか細さからまだ成猫にはなっていないとみえる。 猫なんてここいらではどこを歩いてもあたるのだけどどうしても心に引っかかるのは、その危なっかしい足取りだ。

近況20150909

近況、買った本・借りた本などです

文章スケッチ「縁日」

車を草っぱらに停め、鳥居を目指してすこし歩く。 宵宮が開かれる今夜は鳥居はあしもとから照明をあてられ、月のない夜に乳白色の柱を浮きだたせている。

文章スケッチの広場「駅」

客観的な情景描写にトライする「文章スケッチの広場」。 「駅」です。

マレマレウによるアイヌの輪唱「ウコウク」ライブでトランス体験

アイヌ音楽のライブに行ってきたのでログ。「マレマレウ」はアイヌ民謡の伝承を目的に結成した女性ボーカルユニット。 Rekpo、Hisae、Rim Rim、Mayunkikiの4人。CHIKAR STUDIO|Profile ライブ前にはマレマレウによるアイヌ民謡のワークショップがあった。…

文章スケッチ「夕立」

文章スケッチの練習です。 ぜんぜん書いてないので不安です。 虚無透さんよろしくお願いします。【第2回】文章スケッチの広場 お題「夕立」 - 短編小説の集い「のべらっくす」novelcluster.hatenablog.jp photo by jayRaz とっ、とっ、と雨粒がアスファルト…

ボケるのがしぬほど怖いという話とwrite forward

今週のお題「私がブログを始めたきっかけ」ですが、私の場合はなんのこたあない、ブログも短歌もボケ防止です。

蓮画展を観に

photo by Puzzler4879雨。車でマスターの個展を観に行った。マスターというのは以前書いた「喫茶店で最後の接吻」の喫茶店のマスターだ。以下、記憶の一部を。喫茶店でさいごの接吻 - nerumaeマスターはもともと画家で、海外で常設展なども開いたことがある…

20150608銭ゲバ社長日記

晴れ。知人と逢う。 共通友人である建設会社の社長S氏が、先だってから脳梗塞で入院しているらしい。 S氏は酒癖が悪く、スナックで泥酔するたび「この店は高い」「女がブスだ」とクレームをつけ何度か警察のご厄介になる、素面になると謝りにくるという面倒…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...