nerumae

ほぼねるまえに更新してます 読んだ本/聴いた音楽/マラソンみたいに続けていきたいふつうの日記

短歌・俳句

山登り八句

山登り八句 青あらし神社のすずを撫でゆけり 鶯の邪魔をせぬよう草をふむ 枯鳥居赤い枝花ぼんぼりに 蛇の枝ゆつくり下りろとよこたはる プラスだと肯定するや三角点 サンショウウオの卵の棲みか教はれり 静けさの歲月生えり亀の苔 山薫る桜吹雪をくぐり抜け …

未成年短歌六首【なつやすみの宿題57577参加作】

短編小説の集い特別企画「なつやすみの宿題57577」に参加します。六首です/マークシート入道雲に投げつけてぼくを満たせよコカコーラゼロ

魔改造短歌十二首

魔改造短歌を詠んでみる l-exil.hatenablog.com id:l_exil 氏の魔改造短歌に倣って、私も遊んでみた。 氏は「超絶短詩」のルール(ある単語を間投詞+単語に分解し、別の意味を付与する)に則り、短歌作品中に登場する語彙を超絶短詩分解して元の短歌にプラス…

【俳句日記】夕寂四句

夕寂四句 清明や田に水の張るひかり張る 夕寂を溶かしてをれり風車 薄原( すすきはら )浮雲に手のとどかざる 傾( かたぶ )きて菜の花もわれもしまいなり

【短歌俳句日記】午睡の神様

なに者も午睡の神を宿らせて春の電車は泥田をゆく

題詠短歌は語彙力の拡張プレイです

題詠短歌をなんのために、どうやって詠んでいるか、じっさいの卯野の詠みかたの例をまじえて話をします。

「かんたん短歌の作り方」から好きな短歌を48首

ぎ/なぎさらささんのエントリから手にとった枡野浩一「かんたん短歌の作り方」(ちくま文庫)。 方法論についてはねぎさんが要点を抜書きされているので、私は個人的に好きな歌をここに引用しておきます。

機会詠と三陸の話

永田和宏「作歌のヒント」機会詠の項と欄陸来訪の記憶から、「他者の視点をはなれ自分の目でものを見ること」について書きます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...