Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

nerumae

ほぼねるまえに更新してます 読んだ本/聴いた音楽/マラソンみたいに続けていきたいふつうの日記

題詠短歌「なんだか胸がくるしいんです」71-80

題詠短歌「なんだか胸がくるしいんです」

題詠マラソンとは
題詠blog2014

お題をもとに短歌を読んでいく題詠イベントです。
お題は全部で100首。1年間で読んでいきます。
未発表の短歌に限ります。
(2014年度へのエントリを忘れたのでここで練習します)







071:側

側転でふたりイデアを駆けまわるあなたと私ひとつのころに





072:銘

艶やかに蚊を打ちはらうわが母の座右の銘はエ・アロールです






073:谷

ほの白きすきまの谷のその奥の湿った僕をだきしめる室




http://www.flickr.com/photos/79925938@N00/318193972
photo by Scootie





074:焼

誰もかも焼いてしまえば同じこと お前の代わりに煙になりたい





075:盆

毎盆にやってた恋愛ごっこさあ、挿入ってたよねあれ?と従兄弟に








076:ほのか

今ならばお前の気持ちがよくわかる ほのかという名で苗字は捨てて






077:聡

残りしは渡しそこねた指輪だけ 寺尾聰もトゥールットゥルットゥー




078:棚


駄菓子屋の木棚のすみに残されたほこりかぶったビックリマンチョコ






079:絶対

「絶対」を使う男は信じない つながったとき泣きたくなるから






080:議

「議事堂の真下の宝をゲットだぜ」と出てったっきり50年です



http://www.flickr.com/photos/96173146@N00/14047414676
photo by Photomitch








他の方の短歌です。すてきです。
題詠blog2014

きょうはこの中から特に面白いと感じた歌を2首。


072:銘(木下BUCK-TICK侑介) (silentbluefilm)
参照記事:072:銘 銘柄がももちという名の斬馬刀でペガサスをフルスイングで殺る

この木下さん、どうやらずっとももち縛りで詠んでらっしゃるようです。
ももち縛りという強烈なハンデを自分に課すのは一見超テキトーのようでいて、これを続けるための精神力と思いきりは相当なものだと思います。だってぜんぶももちで世界を完結させるんだよ。
なぜか指定されたページが見つからず残念なことにブログを消されてしまったようなのですが、精神にきてしまったのかしら。心配です。

073:谷(こはぎ)
2014.02.25 Tuesday
谷間など存在しない丘陵を愛おしそうに撫でる手のひら


073:谷(こはぎ) | こはぎうた

こはぎさんも性愛を含む男女のことを主題にして詠んでいらっしゃるようです。
こころをゆるしている2人のあいだのほのエロい空気感がよく出ていて素敵だなと思います。



読みたいです

かんたん短歌の作り方 (ちくま文庫)

かんたん短歌の作り方 (ちくま文庫)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...