Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

nerumae

ほぼねるまえに更新してます 読んだ本/聴いた音楽/マラソンみたいに続けていきたいふつうの日記

Dumped, 青龍刀、焼きそばパンの話

卯野どえす。ゼナ美味しい!

というわけでタイトル通り、鬱憤晴らしのゴミ箱代わりにされて逆ギレしちゃったんだけど、青龍刀でバッサリやるか焼きそばパン作ろうやって交渉するかどっちが正しかったんでしょうかね?って話をします。あれっもう話要らない気がする!



http://www.flickr.com/photos/91256982@N00/2917573955
photo by mugley




前エントリでもご説明した通りぬるんちょ祭りに参加してます。
もともとぬるんちょ祭りは男系社会で、そこに性別:梨の妖精の私が3年くらい前からひとりでぬるんと入ってちょこまかしてるので、まあシモネタとかジェンダー・ハラスメントなんか大体右から左へ受け流せるようになりました。

でも祭りも佳境に入ってきて皆の顔に疲労や気疲れがみえるようになると、組織の一部の人にはその社会の中で一番ものを知らず、権威も役職もなく、何も言い返せないような自分より明らかに弱い者を見つけて、それを攻撃して鬱憤晴らすという輩が出てきます。つまりその弱い者が私。

いつもみたいに黙って我慢すればよかったんだけど昨日はどうしてもできなかった。
だって親方から「今夜はぬるんちょ流星群で100万ギル以上だ!徹夜になっても頑張るぞい!」って言われたのを白目むきながら震える腕で「ぞいっ!」ってガッツポーズつくった脇から「チッ・・・なんだよまた俺の仕事増えるのかよ・・・」って顔されてごみ屑ぶっかけられてしまったから。

だってこのぬるんちょにウチの社運がかかってるんですよ。まわり回ってゴミ屑ぶっかけマンの給料にもなるんですよ。私も体力の限界だったんですよ。


喉のあたりがキュッてなりながら彼に、

「あなたのできない仕事を私が代わりに請け負っている状態なのにその言われはない。あなたは私にお願いをしているというけれどもその態度はどうみてもお願いではないし、普通お願いをする台詞に『馬鹿面云々〜』という文言は入れない。他の人には一切言わないのに私にだけそれをぶつけてくるのは不当だ」

ということを必死で伝えたかったんですけど、頭に血が登りすぎてふじこってしまいました。その1/3も伝わらなかった。

で、ここで本題なんですけど、この場合正論という青龍刀で咆哮上げながらズッパリ無双するべきだったのか、いやそれよりも「あんたも気持ちもわかるけどお互いこんな言い合いして勝った負けたして楽しくないから焼きそばパン作ろうや」って一段上の目線に立って両者の妥協点を交渉するのが洗練された大人の対応なのか、いまだにわかんないんです。

私だってリアルの世界で、相手が私にやるように今後も顔を合わせる50代の男性相手に公衆の面前で声上げて相手を切り裂くなんてマネはしたくない。しかも前述したとおりよほど脳内でシミュレーションしないと、青龍刀どころか斬れ味の悪いでかいナタもって叫んでるみたいな結果になりそう。

てーか「これ落ち着いて妥協点探るなんてとこまで私が妥協する必要あるか?」と考えると、「いやいやそこは怒っていいところだろう」とも思うし。

もともと自分の怒りと他者の嫌味やあてこすりに鈍くて、もし気づいたとしてもあんまり胸中でも文字にでも言語化しないようにしているんだけど、それっていいんだか悪いんだかなー。


とりあえず交渉できるように感情コントロールの術を身につけつつ、青龍刀はいつでも振り下ろせるように研いでもおかねばと思った次第です。
あと、ちょっと読んでくださる方にアドバイスもらう体の口調で書いたけどボカして書いてるから何がなんやらわかんないのと、焼きそばパンの比喩違うくね?ってとこですよね。
ごめんなさい。ごめんなさい。とりあえずふじこって帰ってきちゃったってことです。ぐずぐず。



焼きそばパン

焼きそばパン

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...