nerumae

ほぼねるまえに更新してます 読んだ本/聴いた音楽/マラソンみたいに続けていきたいふつうの日記

文章スケッチ:水槽とウチワガニ

novelcluster.hatenablog.jp
文章スケッチの広場に参加します。300字以上で客観的に情景を描写するというもの。
今回のお題は「水槽」。

http://www.flickr.com/photos/55878142@N07/5210463195
photo by Luke Peterson Photography


水槽がある。
市民市場内の奥にあるその店は、海産物を主に取り扱っているが、店主が以前フランスでコックをやっていたという経歴から、ヨーロッパ産の加工物や水産生物も仕入れていた。車海老やメヒカリの隣のショーケース式冷蔵庫に並んでいるのは、イタリア米、トリュフ、コラトゥーラ、バルサミコビネガーなど。

店主の後ろには三つの水槽が控えている。大きな水槽だ。
三つのサイズはそれぞれ微妙に異なるが、いずれも一辺が大きくても2mまでの長方体だ。新しくはない。
水槽に近づいてみる。ガラスの内側にはうっすらと苔がむしている。水面から何本ものチューブが垂れ下がり、中の魚介類たちに酸素を供給している。苔のむこうにふつふつと湧き上がるきめ細かな気泡がみえる。その奥に時おり動く、薄い尾びれ。それ以外や、どんな魚種がいるのかは、立っているところからは距離があって確認できなかった。


店主が三つの水槽のうちのひとつに網を入れた。次に引き出すと蟹が揚がってきた。店主の顔よりも大きな蟹だった。店主はウチワガニという蟹で、フランスから活で輸入した、といった。


(461字)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...