nerumae

ほぼねるまえに更新してます 読んだ本/聴いた音楽/マラソンみたいに続けていきたいふつうの日記

前野ウルド浩太郎「バッタを倒しにアフリカへ」がおもしろかった

図書館本。
前野ウルド浩太郎さんをどこで知ったのかというと、地元地方紙で。
しばらくエッセイを書いておられたようで、その研究者らしからぬとぼけてウィットに富んだ文章に、私のサブカルアンテナが働いたのである。
中島らもとか、そういう人のにおいがする文章。

で、タイトルの通り、前野博士は幼少期から昆虫、バッタに魅せられ、「アフリカの蝗害(バッタによる被害のこと)をなんとかしたい!」という表向きの志、ほんとうは「バッタに食われたい!」というちょっとヤバい欲望を胸に、単身モーリタニアに渡ったのである。本書はその奮闘エッセイとなる。


昆虫学者の記録だけどあまり専門的なことに頁は割いていないから読みやすい。
むしろ、アフリカ異文化奮闘記に近い。日本人、秋田県人ならではのお人好しさと見栄っ張りでドライバーのティジャニに気前よく相場の2倍近く給料を払っちゃたり、せっかく行ったのにバッタの大群に出会えなかったり、「キター!」と思ったら先に研究所の人たちがドラム缶殺虫剤を撒いて駆除しちゃったり(これはタイミングを間違えるとバッタが人街を襲っちゃうから、しょうがないらしい)。
騙されたり騙されたり、笑いつつも「こんなにお人好しで大丈夫か前野博士…」とちょっと心配になってくる。


後半、読んでいて気持ちがよいのは、彼の謙虚さと吸収力。
編集社の社長さんに見初められて「プレジデント」にエッセイを書くことになり、その社長さんの謙虚で人を立てる振る舞いに感謝しながら、次に自分が母校の秋田中央高校やメレ山メレ子さんたちとのイベントでのプレゼンテーション披露で、社長さんから学んだノウハウをきっちり活かしている。
みんなからお世話になって、少しずつ武器や知恵など装備をレベルアップさせながら成長していく姿は、ロールプレイングゲームの主人公のようだ。

また、さらに社長さんから活かしたノウハウを駆使して、研究所助手チームの人たちにヤギ一頭をまるまるプレゼントしたりもしている。「人に気持ちよく動いてもらうために」お金と労力、サプライズ心を配ることをきっちり学んでいるんだなーと思った。

手元において人に勧めたいくらい読後感がよかった。他の著書も読んでみたいな。







これも気になるのよね

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

  • 作者:川上 和人
  • 発売日: 2017/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




読書メーターでも感想を書いています
bookmeter.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...