Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

nerumae

ほぼねるまえに更新してます 読んだ本/聴いた音楽/マラソンみたいに続けていきたいふつうの日記

短歌の目6月の傘の氾濫はこんなにも豊か

はてな題詠「短歌の目」

tankanome.hateblo.jp



1.青

HeまたはSheにもならぬ我がためノート吹きゆく午後、青あらし


2.梅

鰯梅煮ことに酸つぱし夕餉にはかなしいことを探してみたり


3.傘 

朱、白、碧、あふるる傘の氾濫が ( うた )う「世界はこんなにも豊か」


http://www.flickr.com/photos/67774014@N00/7424016868
photo by Bonito Club



4.曲がり角 

曲がり角のコンクリの隅のかたつむり未だいることを見つけて帰る


5.しそ

雨だれが土の香とつ、と叩いては裏庭の葉、しそだと伝う


6.紫陽花

紫陽花が土の pH( ペーハー )映すよにきみのこころをゆつくりと知る


7.つばめ

つばめ低く夕橙をきりとつてサイドスローは見えなくなるまで


8.袖

衣替えひつぱり出した半袖にもう戻れないきゆうくつさ知る


9. 筍

筍がとれれば筍、 ( わらび )なら蕨ばかりを食べて育つた



10.たらちねの【枕詞】

たらちねの母が揚げたる天麩羅はすこやかなりし 楤芽( たらのめ )を摘む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...