nerumae

ほぼねるまえに更新してます 読んだ本/聴いた音楽/マラソンみたいに続けていきたいふつうの日記

いまさらPSYCHO-PASSサイコパスドハマりしまして

こんな短期間でドハマりしたことあったかな?好きすぎて連日のブルーライト照射で眼球が腐れ落ちるかと思いました。 以下、第一期、第二期についてざくっと感想ログ。 補足説明もはしょってますしネタバレもガンガンしてます。あらすじはこちら PSYCHO-PASS …

まさりんさんの短編小説の集い作品感想

第18「短編小説の集い」まさりんさん(id:masarin-m)作品の感想です。

第18回短編小説の集い「鶏侍」脳内レシピ

第18回短編小説の集いで書いた自作のお話「鶏侍」考えてた脳内レシピをログしときます。goo.gl nerumae.hateblo.jp テーマ 「鳥」 セルフテーマ 「サクっと楽しく読んでもらえる話を書きたい」 材料 M-1グランプリ2009年第9回の笑い飯の決勝ネタ「鳥人」M-1 …

オプティックブラスト女子

haluka.hatenadiary.jp うわ、自分もうってみたい・・・!と思って、 うってみました。 素材; GIMP Lightning Brushes by Project-GimpBC on DeviantArt X-MEN (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見る www.pakutaso.c…

いまさらガンダムSEED観まして

「あなたのガンダムはどこから?」 「わたしは種から!」 というゆるガノタとのやりとりにより一週間後には私の手元にそのDVDが届けられていたのでした。 お母さん、私、ガンダムDT卒業します。というわけで以下感想をざくっとログ。当方ガンダム知識は若井…

岩手あさ開と焼きプリン大福とふきのとうの天ぷら

去年の3月から2ヶ月ほど、泊まりこみで作業に来ていた学生の子たちが一年ぶりに遊びにきてくれまして、 持ってきてくれたお土産が美味しかったのでログ。 nerumae.hateblo.jp おみやげ 岩手あさ開 南部流伝承造り 大吟醸 あさ開 ::: お酒あさびらき、と読…

山うたさん「兎が二匹」読みまして

えぐってくる、のひとこと。 pixivで話題になった短編創作マンガがコミック化です。 おもしろかったので以下感想をログ。

【文章スケッチ日記】渓谷

ここから奥へ歩いていくと渓流があるよ、とコテージの管理人に簡易の地図を渡されたので、私たちはそこへ向かってみることにした。

【短編小説】鶏侍

短編小説の集い「のべらっくす」さんにひさしぶりに参加しようと思ったら間に合いませんでしたー・・・。 お題は「鳥」。 タイトルは「鶏侍」(3378字)です、

SHERLOCK「忌まわしき花嫁」気づいたら観てまして

おもしろかったので感想をばログ。 若干のネタバレあります。 あらすじ・よかったとこ/あえていうなら、最後にシリーズ全般通して私の好きなシーンを。

文章スケッチの広場「鳥」

ご無沙汰しております。 お久しぶりの文章スケッチをしてみます。 お題は「鳥」です。鳥の中でも「鶏」を描写してみました。 よろしくお願いします。

「悲しみのイレーヌ」ピエール・ルメートル読んだった

おもしろかったので感想ログをば。 スタイリッシュグロ度★★★★★ 死体いっぱい度★★★★★ キャラ立ち度★★★★★

おきにいりタグをつけたブクマふりかえり2015

2015年の「おきにいり」タグをつけたブクマをふりかえる。 「おきにいり」タグをつけた基準は分類しがたく琴線に触れたもの、もう一度以上見返すだろう、この先のじぶんにとっても必要となるだろう、と感じたもの。 今年は72個(12/19時点)。

2015買ってよかったもの

今年買ってよかった・知って嬉しかったものをログ。

短歌の目10月「定型律のアニマちゃん」

第8回10月の短歌の目、参加します。 1. 上様 母上様はじめて破戒をした夜もあなたの星はまたたくばかり

文章スケッチ:水槽とウチワガニ

文章スケッチの広場に参加します。 今回のお題は「水槽」。

近況:哲学的ゾンビ、笑顔で間接的にぶん殴られるお仕事

近況 ・哲学的ゾンビ問題哲学的ゾンビとは私が実在すると信じたい思考が生み出す幻想なのである - ごくまトリックス[考え方][おきにいり]ああ面白い/後天の私Aは俯瞰しているようでいて私Bから自由になることはできない(!)2015/10/02 06:55哲学的ゾンビの…

「教科書で出会った名句・名歌三〇〇」(石原千秋監修)読んだ

さいきんはもう500円以下の短歌関連の文庫なら「買う」と思った次の瞬間にもうその行動が終わっている。プロシュートの兄貴ィ((「ジョジョの奇妙な冒険」第5部より))! タイトル通り、教室で、どこかで聞いたことのある俳句・和歌・短歌を集めたもの。 監修…

神林長平「ぼくらは都市を愛していた」読んだ

神林長平「ぼくらは都市を愛していた」の感想およびプロローグについての雑感です

旬はずれ【第13回短編小説の集い参加作】

最後の魚の仕込みを終えて、定一は包丁を置き、ひとり、ふうと息をはいた。 「もう七年か」 ふと顔をあげると、こじんまりした板場の斜め向い、小上がりに活けてある一輪挿しの紅葉が目についた。そういえばちょうど七年前のあの頃も、紅が最も映える、晩秋…

題詠短歌は語彙力の拡張プレイです

題詠短歌をなんのために、どうやって詠んでいるか、じっさいの卯野の詠みかたの例をまじえて話をします。

「かんたん短歌の作り方」から好きな短歌を48首

ぎ/なぎさらささんのエントリから手にとった枡野浩一「かんたん短歌の作り方」(ちくま文庫)。 方法論についてはねぎさんが要点を抜書きされているので、私は個人的に好きな歌をここに引用しておきます。

短歌の目でつくった短歌のふりかえり

第7回9月で詠んだ題詠短歌10首のふりかえり・ざくっと自己添削をします。 個人的に気に入っている歌には★を付けました。

Name your sorrow

雨。一日家にいてもう何者にもなりたくない。 きのう短歌の目で「喜怒哀楽とはにんげんの感情を説明伝達の便宜上おおざっぱに分類したもの」と自分で書いて、あっとなった。自分のなかにもにょもにょとあったものをいびつながらもかたちにして出力できるのは…

機会詠と三陸の話

永田和宏「作歌のヒント」機会詠の項と欄陸来訪の記憶から、「他者の視点をはなれ自分の目でものを見ること」について書きます。

近況:知人が生きてた

近況 ・転職活動をはじめた 実をいうとこの産業はもうだめです。突然こんなこと言ってごめんね。 ・読んでる;NHK短歌「作歌のヒント」NHK短歌 作歌のヒント作者: 永田和宏出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2007/12メディア: 単行本購入: 1人 クリ…

近況:猫がいる

さいきん家のちかくを猫が歩いている。 猫は白と黒のぶち模様で、体躯の大きさ手足のか細さからまだ成猫にはなっていないとみえる。 猫なんてここいらではどこを歩いてもあたるのだけどどうしても心に引っかかるのは、その危なっかしい足取りだ。

近況20150909

近況、買った本・借りた本などです

「欠損をかかえて生きる」ということ―短編小説の集い「欠損」設計図

自作創作物のふりかえり。祭り(暗闇、頽廃、優艶、非日常)→テキ屋→あぶないもの未知のものに惹かれる子ども→ニュースを観たら某組分裂抗争→じゃあ小指はないわな→ケッソン!(ダンダン)フィーザキー!!(ダンダン)です。

第7回短歌の目9月 狛犬の舌

蜻蛉ゆく風を感じるためだけにひらかれている狛犬の舌

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...